蜂の子サプリメントで効果が高いものは21日の蜂を使っている。

蜂の子サプリメントを選ぶ時のポイントの一つとして、卵から21日目のさなぎが最も栄養価が高いとされているので、その蜂を使うのがおすすめです。 昆虫は、それぞれ様々な変態を経て成虫になります。蜂は「完全変態」をします。つまり、卵から幼虫、さなぎと言う段階を経て、成虫になります。

因みに、ミツバチのうち、働きバチ、女王バチ、雄バチで各段階の日数は異なります。

働きバチは、卵が3日、幼虫が6日、さなぎが12日で、合計21日で成虫になります。女王バチは、卵が3日、幼虫が5.5日、さなぎが7.5日、成虫になるまで合計16日です。雄バチは、卵が3日、幼虫が6.5日、さなぎが14.5日で3種類のうちで一番長く、成虫になるのに24日を要します。

卵で生まれたミツバチは、ローヤルゼリーや花粉、蜂蜜をエサにして成長します。幼虫の段階までは主にローヤルゼリーを、その後さなぎの段階では主に花粉をエサとして与えられます。

ローヤルゼリーは、働きバチが頭部にある下咽頭線から分泌し、幼虫に与えます。また、花粉やミツバチも、働きバチによって与えられます。巣作りも働きバチの仕事であり、こうして蜂(雄バチも女王バチも)は巣の中で成長していくのです。

健康食品としてのハチの子は、我が国や中国で作られています。一般的に、卵から21日目のさなぎが最も栄養価が高いと考えられていて、21日目のものを巣から採取します。

ですので、蜂の子のサプリメントを選ぶ時は、できるだけ栄養価が高い蜂が使われているのが好ましいので、卵から21日目前後の蜂を使っているサプリメントがおすすめ、というわけです。

蜂の子サプリメントの選び方については、まずはこの21日目の蜂が使われているかどうかっていう事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です